ヘアケアについて その2

前回に引き続きの流れで、
ヘアアイロンについてのお話です。

特に濡らさずドライな状態で
やる方は大丈夫なのですが、
お風呂上がりからブローをして、
それからストレートや丸アイロンを入れる方、

それとアイロン使用時に、
1束1束にしっかり熱を入れる方に注意して頂きたい点があります。

髪がまだ余分な水分を含んでいたり、
過度にアイロンを入れると、
アイロンの熱で髪内部の水分が一気に蒸発し、水素爆発と似たようなことが起こります。

そんな状態になれば当然髪はダメージし内部はボロボロになりますよね?

なのでアイロンを入れる時は
しっかりドライしてから入れるよう気をつけましょう!

髪は肌と違い血液が通ってはいないので自己修復機能はありません。

なので日頃から最低限のダメージで済むよう
気をつけていただけると艶のある髪をキープ出来ます!

それでも、もしダメージや質感・手触りが気になるようでしたら、

当店のトリートメントメニューで髪内部の補修コースや、
髪外部の補修キューティクルケアコースがあるので、
それらで外側からダメージを埋めてあげてあげたり等
お試しされてもいいかも知れませんね(^^)

アシスタント 吉川


2017年02月28日 | Posted in blog | | No Comments » 

関連記事