髪の構造について

今日は髪の構造についてのお話です。

髪は内側からメデュラ(髪によってあったりなかったり)、コルテックス、キューティクルの三層構造になってます。

これをaccaではのり巻きに例えて、
内側から具の部分、お米の部分、海苔の部分と説明させていだだいてます。

(accaでのトリートメントの際に聞いたことがあるかと思います)

カラーやパーマは髪の内側、
つまりお米の部分に浸透させ、
そこを利用しかけていきます。

(細かく言うと、海苔の部分にも少し作用させるのですが)

これを繰り返していたり、
強い薬剤をつかっていたりすると、
外側の海苔の部分が剥がれたり穴が空いたりし、そこからお米が流れていくというような
ダメージをしていきます。

結果パサつきやゴワつき、酷いと枝毛になったり切れたりします。

なのでケアが必須なのは皆さんご存じの通りですね。

でも実は、髪はカラーやパーマ以外にも、普段の生活(ドライヤーの熱やヘアアイロン、日射しなどの紫外線)でも外側の海苔の部分、そこからお米の部分へとダメージし傷んでいくことは意外に知られていません。

なので
「私はカラーやパーマをしないから」と、

ヘアケアの意識がないまま
髪に悩んでる方も多いと思います。

カラーやパーマをしない方でも、

日頃からオイルやクリーム等のケアをしてみると質感やダメージ等改善される人が多いと思いますので是非お試しください。

ヘアケア勉強中の吉川でした!


2017年02月23日 | Posted in blog | | No Comments » 

関連記事